医療脱毛するときほくろに当たるとどうなるの?

近年は、医療脱毛の施術をレーザー機器を用いて行うのが一般的となりましたが、この医療レーザー脱毛において弱点として挙げられる点の一つに、施術部位の体毛の周辺にほくろがある場合の処理に難がある点が挙げられます。

医療脱毛で使用されるレーザー機器にはいくつかの種類がありますが、そのうちの一つでは、照射される光は黒色もしくは褐色の物質に吸収される性質があります。吸収された光のエネルギーは熱エネルギーへと変換され、発生する熱によって毛母細胞などの組織が大きなダメージを受け、体毛の成長は停止します。やがて体毛が抜け落ちますが、毛根部の細胞が損傷しているため細胞分裂は起こらず、体毛も生えてこないままの状態になります。

医療レーザー脱毛はこのような仕組みになっているため、体毛の近くにほくろがあると、レーザーを照射した瞬間に一緒に消えてしまいます。このとき、ほくろの面積が小さければ、身体へのダメージが少なくて済むため、そのまま照射を行って一緒に処理してしまう可能性が高いですが、面積が大きい場合はその部分に照射してしまうことで、広範囲にわたって皮膚がダメージを受けるおそれがあるため、担当医から先に皮膚のメラニン色素を除去することをすすめられる可能性があります。もし、沈着しているメラニン色素を除去する場合は別途施術費用を請求されるので、追加される費用の負担ができるかどうかを十分に考慮して、すすめに応じるかどうかを決めるようにしましょう。